TOP > iPhoneのケースの種類

iPhoneのケースの種類

iPhoneはサードパーティ製のケースが多数販売されています。アップル純正のケースはバンパータイプが用意されているだけなので多くの方はサードパーティ製のケースを購入している場合が多いです。



iPhone用のケースはキャラクターをもしたものから防水機能や耐衝撃機能などの付加価値をつけたものまで多数あります。
多くのケースは新型iPhoneが販売されてすぐに販売されることが多いです。
これはiPhoneの寸法がインターネット上で公開されること、また、いくつかのメーカには事前にサイズが送られているからです。

アンドロイドとことなり、アップルからのみ販売されている機種であることからケースを作りやすいという側面もありますが、他の機種に比べてケースの購入者数が多いことも特徴と言われています。



iPhone用のケースについては薄型が好まれています。



防水や耐衝撃性能がある場合は厚めになってしまうのですが、普段持ち歩く際には薄型で耐衝撃性能が良いものが好まれると考えられています。

また、ケースについてはシリコンなどの柔らかい素材が好まれていますが、バンパータイプなど、固い素材を利用して衝撃性能を高めているケースも多くあり、さらにデザイン性の高いケースに人気が集まってきています。

ケースは耐水性能も重視されてきています。


本体自体も雨程度は防ぐ場合が多いですが、水没にはあまり対応出来ないこともあり、防水タイプのケースも多数販売されてきています。



Copyright (C) 2016 iPhoneのケースの種類 All Rights Reserved.