TOP > iPhoneのアプリ開発

iPhoneのアプリ開発

iPhoneはアンドロイド同様にアプリを自由に作ることが出来ますが、アプリストアなどでの配布は一定の制限があります。

そのため、敷居が高く感じられる場合がありますが、多くの場合、アンドロイドとほぼ同等の労力でアプリ公開が可能と言われてきてます。

iPhoneでのアプリ開発はアップル純正環境での開発の他にサードパーティ製の開発環境を利用できます。サードパーティ製のアプリ開発環境はさまざまなプログラム言語を利用できたり、ライブラリも自由に選べるなど選択の幅がとても広いのが特徴です。



さらにiPhone用のアプリとして作成してもアンドロイドへすぐに移植できるのも特徴です。

同一の言語を利用して双方のアプリ環境へ出品できるので企業として利用が特に進んできています。
これらの開発環境は動作速度に難があると言われてきていましたが、開発が進むにつれて動作速度が改善されてきており、動作が激しいゲーム分野でも利用が進められています。



また、リソースが共通に利用出来ることもあり、開発工期が一気に短縮できると期待されてきています。アプリ開発においては動作以外に販売も重要です。


アップルは販売する際に買取、月額払いなどさまざまなオプションを用意しており、無料で配布して後からアイテムを販売するようなアプリも登場してきています。さまざまな販売方法は簡単に設定できることから利用が進んでおり、アプリ開発者の裾野を広げる要因ともなっています。




Copyright (C) 2016 iPhoneのケースの種類 All Rights Reserved.