TOP > iPhoneの動画性能

iPhoneの動画性能

iPhoneはカメラ性能が世代ごとに向上してきており、iPhone6ではHD画質も格段に向上しています。

スマートフォンでのカメラ機能は静止画が中心となって開発されてきていますが、iPhoneでは動画性能にも力をいれてきています。

カメラ性能はレンズと素子で決まると考えられていますが、スマートフォン用のレンズは日々進化しており、iPhone向けのレンズも上位レベルのものが利用されています。


そのため、写真撮影にデジカメを利用せず、スマートフォンだけで代用する方も多くなっています。
静止画についてはソフトウエアも重要ですが、手ブレ防止などについてはハードウエア処理されることが多く、iPhoneでも専用のハードウエアが用意されていることが多いですが、さらに進めて動画性能を高めるGPUとしての役割も追加してきています。

GPUはCPUと協調して動作しますが、特にHDや4Kなどの動画を処理する際に力を発揮します。



動画については撮影はスマートフォンでするが編集はPCでやるという方が多いですが、GPUが強化されてきたことでPCやMacを利用せずに動画編集まで行えるようになっています。
また、ライブフォトなどの特殊撮影にも対応するなど、従来のカメラアプリに比べて格段に性能面、画質面で向上してきています。



レンズ、ソフトウエア、素子、これらのバランスで静止画や動画の画質が決まりますが、アップルは他のスマートフォンよりも格段に評価が高くなっています。




Copyright (C) 2016 iPhoneのケースの種類 All Rights Reserved.